ちょっとした事が出来る幸せ

姉妹の髪の毛を結ってあげられるってだけの事でも凄く大切なことだと思える。
なんてメンヘラ全開な思考でお送りしております。実は朝右手首が突っ張って(引き攣って?)上手いこと動かせずにいたんだけどやっと治まってこうしてキーボード打てるんだけど、右手が利き手だから使い物にならなくなったらって考えて利き手交換を考え中。要は利き手が使えなくなった場合反対の手で何でもこなせる様に練習するんだけど結構難しい、特に字を書く絵を描くは時間がかかりそう。
普通に何でもこなせていた時期が懐かしい、できればその頃に戻りたい。家族の負担も減らしたいし何より子どもたちに障害を気にさせたくない。すごく心配してくれるんですよ、2歳の長男までもが「かか、だいじょうぶ?」って。めっちゃ喋るようになって「アンマン」からやっと「アンパンマン」が言えるようになって。長女が小さいとき食パンマンを「おこしゃんまん」といっていたんだけど長男も「おこしゃんまん」って言っててデジャヴ。
次女が小学校入学してから凄い甘えん坊になって「赤ちゃんにもどりたい?」ってきいたら「戻りたい」って、まさかの6歳での赤ちゃん返り。長女も甘えたいんだろうけれど遠慮してるのがわかる。可哀そうなことさせちゃってるなって毎日思う、思うんだけれど上手いこと3人を平等に接してあげられなくて申し訳なくて。病気や障害理由にしてるみたいで自分に腹立つし。
どんなに具合悪くても髪の毛だけは結ってあげてる、それぐらいしかできないけれどそれだけが唯一子どもたちにできること。
つかマジでヘルパーさん使わせてくれないつもりなのかこの家系の人たちは。他人に頼りたくないって凄いプライド高いよね。もう一度相談してみようかと思うけれど聞かんずなんだよね義母。同じ五黄の寅だから衝突しまくりでほんと合わない、いい人なんだけど合わない。